しげのんnoカケラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「聲の形(こえのかたち)」のこと

<<   作成日時 : 2013/02/23 20:47   >>

トラックバック 0 / コメント 2

発売中の少年マガジン12号に掲載されている読み切り「聲の形」





ツイッターで話題になっていたので、何十年ぶりにマガジンを購入して読みました。
ありがちで美化された話かもしれないけど、少年漫画誌にこういう時代だからこそ掲載する事に意味があり、そして何か考える切欠になる作品だと思いました。

安易に実写ドラマにはして欲しくないなぁ。

いじめとか悪意とか、世の中嫌なことも多いけど、うまくかわして行きたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
読みました(立ち読み)。

あれは彼女が聾唖だからどうの、でなくて
学校や会社の中で日常的にありえるきっかけやありえる生々しさだと思います。
身近でだれもが被害者加害者に自然になってしまう、みたいな…。
たしかに変な感じに映像化とかはイヤですね。
最近はすぐにドラマや映画にしてしまうし。
ツバッキー
2013/02/24 20:29
☆ツバッキーさん
生々しさ、心に引っかかる感じはそこですね。
映像化「感動の」がついたらもう(苦笑)
しげのん
2013/02/25 21:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
「聲の形(こえのかたち)」のこと しげのんnoカケラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる