しげのんnoカケラ

アクセスカウンタ

zoom RSS スカルマニアVol.7@STUDIO COAST

<<   作成日時 : 2013/12/01 20:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/29、新木場のSTUDIO COASTで開催されたスカルマニアへ行ってきました。

出演バンド(出演順)
・TOTALFAT
・グッドモーニングアメリカ
・10-FEET
・the HIATUS

MCにレイザーラモン、サイドステージで豊満乃風やあべこうじなども登場するという最後まで飽きさせない構成。
スカルシット物販ブースでやべきょうすけさんが呼び込みしていたのも楽しかったです。

画像


画像


平日にも関わらず4組の対バンということで、開場16:30、開演17:30。
ケータリングの関係からかコインロッカーも開場まで使えないという状況にヒヤヒヤしましたが、無事コインロッカー確保。
いつの間にか、コインロッカーSOLD OUTに。初めてみました。

画像


10-FEET以外は、ライブでは初めて体験するバンド。
・TOTALFAT
ツイッターでよく名前を見かけていて気になっていたけど、好きな音楽のバンドさんでした。
TAKUMAがゲストボーカルしていたのも楽しかったです。

・グッドモーニングアメリカ
客席後方からレイザーラモンHGの格好をして登場したのには意表をつかれました。

・the HIATUS
今回のイベントのトリ。細美氏格好良かったなぁ
「やっちまうぞ」が聞けたのも収穫でした。

・10-FEET
セトリ
1)JUNGLES
2)VIBES BY VIBES
3)1sec.
4)Freedom
5)RIVER(隅田川)
6)シガードッグ
7)その向こうへ
8)goes on

久々の参戦でJUNGLESからテンション高く盛り上がってしまいました。
MCでTAKUMAが
音楽で(良い方向に)自分を変えられることがある
と言っていて、本当にそうだなと感じました。

これからも必ずセトリに入るであろう「シガードッグ」
間奏で「別れの歌です」と言っていたけど、こうして生きてることや出会いに感謝しなくちゃね。
以下、シガードッグについてインタビュー引用
http://www.nexus-web.net/interview/10feet/
――アルバムを聴いてすごく印象的だったのは、“その向こうへ”のよう奮い立たせてくれる曲、エネルギーを与えてくれる曲ばかりのアルバムでは決してないということなんですね。たとえば“シガードッグ”のように、残された側の曲というか、置き去りにされたもの、放っておかれたものに対して寄り添うような曲がある。そのことが、アルバムの大きさにつながっていると思います。なので、まずは“シガードッグ”について聞こうと思うんですけれども、これはいつ、どういうきっかけでできた曲だったんでしょうか?

TAKUMA
これは3月の後半ぐらいですね。地震があってから1週間ぐらいは何も動けなかったんすけど、それぐらいから急に、頭の中でこの曲が流れ出した。毎日、歌ってたんです。スタジオを借りて作曲の活動をやってたりしたんですけど、その行き帰りとかもずっと歌ってた。その傍らで、支援物資を集める作業をしてて。東京に滞在している期間にやってたんですけど、そんときにもずっと歌っていて。この鼻歌を、なんとか歌にして仲間に届けたいなと思ったんです。復興支援活動とかそういうことじゃなくて、仲間に歌いたくて。でも、歌える環境もなかったんで、宅録みたいな感じでワンコーラス分入れて持っていったりして。で、それを帰ってきてから、みんなでバンドアレンジした。自分たちの思いとか生活、今思うこと、そういうものを歌詞につけ足して完成させたんです。すごく、光が見えそうなコード進行と歌のスケールがあって、でも歌詞だけ読むとそんなにポジティブでもない内容で。そういうのが、なんか自然な形だったんですよね。僕らはそういう自然な形のものを、自然にあんまりやったことなかったんで、最近はライヴでやってて楽しいんですよね。


終演後、外に出た時の夜風が心地よかったです。
ライブが楽しめることに感謝。


ゲスト枠(笑)の豊満乃風さんのPV。ライブ、結構盛り上がって楽しかった!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スカルマニアVol.7@STUDIO COAST しげのんnoカケラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる